• WinTool Japan

デジタルツイン

最終更新: 7月8日

デジタルツインとは、製品・部品や設備など物理(フィジカル)のモノをデジタル(サイバー)の世界に再現したものと定義されます。デジタルデータを基に物理的なモノをサイバー空間上で仮想的に複製する概念です。


WinTool(ウィンツール)工具管理システムでは、デジタル空間上の工具モデルと物理上の工具情報を管理することができます。すなわち、WinTool工具ライブラリでアセンブリ工具データを管理し、CAMシステムやNC加工シミュレーションシステムで活用することができると共に、アセンブリ工具現物情報を管理し、工具所在情報や状態情報をシステム上で保持することができます。


例えば、CAMシステムでアセンブリ工具データを選択する際に、相応する工具現物の所在情報(工具マガジンのポットや工具棚の番号等)を確認することができ、わざわざ現場まで行って工具の所在を確認するといった手間を省けます。










TK Holdings Inc.

Digitalization for Machining

© 2017-2020 TK Holdings Inc.