• WinTool Japan

マスタデータ管理:デジタル化で成功するための土台 ①

マスタデータ管理の必要性は広く認識されていますが、多くの企業は依然として自社のマスタデータ管理問題に奮闘しています。


さまざまなシステムからの異なる工具データ・仕様データは生産性を低下させます。また、ブラックボックス化された業務プロセスがスムーズなビジネスフローを阻害する要因になっています。場合によっては、業務プロセスの混乱を招く事態に陥ってしまいます。


このような生産性の低下を回避するためには、自社のマスタデータを適切に管理することが不可欠です。自社のマスタデータの管理状況を把握するうえで、外部からの視点が役立ちます。例えば、外部コンサルタントと共に個別部門視点からではなく会社全体視点からマスタデータの管理状況をチェックするのは一つの手段です。


これにより、自社のマスタデータと自社の業務プロセスの精査が可能になり、デジタル化を通じたビジネス成功への契機になります。