• WinTool Japan

切削条件データをマシンから直接WinToolに収集!

マシンから直接切削条件データをロードして、WinToolの切削条件データベースを作成する(CAMプログラミング用)ことで、信頼性を高めれます。CAMプログラミングまたはマシン上における切削条件データの変更を再現し、一貫して確実に記録し直すことができます。最適化のポテンシャルは累積サイクルタイムのコスト削減とマシンの稼働率で示されます。


WinTool切削条件データ収集モジュールを使用すると、切削条件データをマシンからWinToolに継続的かつ直接に保存して、CAMプログラミングに戻るループを形成することができます。マシンからの切削条件データをWinToolの切削条件エキスパートモジュールと常に体系的に比較することで、CAMプログラミングにおける生産性を継続的に改善します。使用する工具情報、マシン情報、加工指示・バッチサイズ等の情報を含むすべてのオペレーション情報が記録され、サイクルタイムおよびその他のプロセス処理データ(例:Ae、Ap、F、S)に関する最適化が自動的に分析されます。











TK Holdings Inc.

Digitalization for Machining

© 2017-2020 TK Holdings Inc.