top of page
  • WinTool Japan

機械加工業務プロセスのデジタル化

機械加工で必要な工具の情報をどのように管理していますか?


各担当者・各部門レベルで管理できているかと思いますが、会社組織全体として管理できていますか?


工具情報を異なるシステムで各々管理したり、Excelで管理したり、情報が乱立している場面によく遭遇します。情報の突き合わせ作業等、表面化されない負荷が作業者にかかり、業務オペレーション上のムダを生んでいます。


機械加工業務管理の情報ハブ
機械加工業務管理の情報ハブ

WinTool (ウィンツール) は、機械加工業務管理基盤です。


切削工具・治具・測定機器等のデータ・情報を一元管理する工具/生産資源ライブラリを軸に、CAD/CAMシステム、NCシミュレーションシステム、工具収納システム、ツールプリセッタ、製造管理システム、ERP/MES/PLMシステム等と連携し、機械加工業務プロセスにおける情報ハブの役割を果たします。


WinTool Japan は、貴社の業務管理システム全体を把握しながら、工具情報管理のあるべき姿を提案します。現行の工具情報管理を見直す契機にしてみてはいかがでしょうか?


Comments


bottom of page