• WinTool Japan

WinTool-MMS連携概要

工具状態情報を反映し、機械加工準備業務の質を向上


機械加工製造管理システム(MMS)は、機械加工に特化して、製造計画の実施・製造資源の手配・スケジューリング・遠隔監視を網羅するソフトウェアで、自動加工システムの司令塔の役割を担います。


WinToolは、機械加工製造管理システム(MMS)と連携します。WinToolでアセンブリ工具の仕様データと現物データを作成し、MMSへ転送。工具の所在や工具寿命といった現物情報がMMSで更新され、更新された情報をWinToolに反映することで、インテグレーションを実現します。また、工具の取り付け計画はMMSで策定することもWinToolで策定することも可能です。