機械加工業務プロセス指向 工具管理システム

切削工具・ツーリング情報の管理をベースに、機械加工業務プロセス全体を最適化!

 

WinTool (ウィンツール)

スイス発のソフトウェア

​機械加工業務における取り扱うデータや情報量の増加・管理複雑化。

貴社は、機械加工業務で使用する工具情報を適切に管理していますか?

機械加工業務で使用する各種データ・ファイルを体系的に管理していますか?

自社工具の情報を管理していない問題

  • 社内にある工具・情報を探すのに時間を要している。

  • 部署別・担当者別に認識している工具情報が異なる。

工具データ・帳票作成に時間がかかる問題

  • NCシミュレーション用に工具データを作り直している。

  • 現場に展開する工具リストを手作業で作成している。

自社工具在庫が増え続ける問題

  • 社内に在庫があるのに、同じ工具を購入してしまう。

  • 工具の在庫取引を記録せず、追跡が出来ていない。

業務プロセス・業務フローが不透明な問題

  • 工具段取り作業のやり直しが発生している。

  • 属人化しすぎていて加工現場の状況を把握しにくい。

このような問題は、WinTool (ウィンツール) を活用することで解決されます!

 

WinTool 主要機能

工具ライブラリ構築モジュールをベースに、ニーズに合うモジュールを選択頂けます。

工具ライブラリ構築

  • 自動組付けでアセンブリ工具データを生成

  • CAM連携・NC加工シミュレーション連携

  • 工具リスト自動生成

NCフォルダ管理

  • 加工単位別にファイル・データを一元管理

  • ファイル・データのステータス管理&改訂管理

  • 自社加工ノウハウの蓄積

機械加工業務工程管理

  • アセンブリ工具現物の所在管理&状態管理

  • 最適な工具取付計画立案・工具取付リスト作成

  • ジョブ作業プロセス管理

工具在庫管理

  • 工具種別に在庫数・有効在庫数・発注残を管理

  • 発注点基準による自動購買要求データ生成

  • コストセンター取引管理

 

WinTool 特徴

自社の切削工具・ツーリング情報を一元管理

社内で分散管理されがちな切削工具・ツーリング・冶具・測定機器等のデータを集中管理する工具ライブラリを構築。部門を跨る情報共有を促し、工具カタログデータのみならず自社のノウハウを蓄積するナレッジベースを築けます。

機械加工業務で使用するファイルを一元管理

工具情報のみならず、CAD/CAMデータ・NCプログラム・段取り手順書・写真・動画等を加工単位ごとにワンストップで管理。加工単位ごとに、使用する「工具情報+ファイル」が揃って見える化・標準化された形で処理されます。

機械加工業務における設計製造連携

CAMやNC加工シミュレーションで使用する工具の生産技術情報に加えて、工具現物の在庫管理、工作機械に着脱する工具現物の所在管理等の加工現場情報を合わせて管理し、生産技術領域と加工現場領域の管理融合を実現します。

工具管理ソフトウェア専業ベンダーならでは

CAM/SIM・ツールプリセッタ・工具収納システム・ERP・MES・PLM等、各システムとのインタフェースを通して、WinToolは機械加工業務プロセスにおける情報ハブの役割を果たし、業務ワークフローのカイゼンに貢献します。

 

機械加工業務プロセスのデジタル化

ロボットやIoT・AIを活用した自動化・マシン稼働監視等に注目が集まる傾向にあります。一方、貴社の機械加工業務プロセスのデジタル化は進んでいますでしょうか?

自動化・マシン稼働監視への取り組みに比べて、ジョブ(機械加工作業)のためにマシンを準備し、部品をプログラミングし、工具を含む生産資源を供給する一連の業務プロセスをデジタル化(ITを活用した業務の効率化)することは、容易ではありません。

なぜなら、複数部門に跨って様々なレベルの知識を持つ人員が、ジョブ(機械加工作業)を実行するために相互依存しているからです。そして、各部門・各担当者が各々で管理するシステムを使用して個別最適に走る傾向が難しさに拍車をかけます。機械加工業務プロセスで使用されるデータ量が増加する中、データが分散していると、一連の機械加工業務プロセスをスムーズに進めることを阻害します。

 

しかしながら、この容易でないことを成し遂げることで、大幅な生産性の向上を達成することができます。全体最適化観点から、一連の機械加工業務プロセスにおいて共有化すべきものは一元管理し、そして一元管理されたデータと各部門・各担当者が使用しているシステムを連携することで、機械加工業務プロセスのデジタル化を上手く進めることが可能になります。

生産資源管理の中でも機械加工における工具を管理するには一工夫が必要です。この工具管理領域に特化しているWinTool (ウィンツール) ソフトウェアを活用し、機械加工業務プロセスの生産性を向上させましょう!!

 

WinTool が選ばれる理由

自社工具ライブラリ構築

刃具・ホルダ等、生産資源/治工具に関する自社専用の工具ライブラリを構築。機械加工業務に携わる人員間で工具情報を容易に共有できます!

工具のデジタルツイン

工具組付けエンジンを使用し、アセンブリ工具のBOM・寸法付DXF・3Dモデルを作成。より正確なNC加工シミュレーションを実施できます!

CAM連携・SIM連携

豊富なCAM・SIM (NC加工シミュレーション)インタフェースの実績。CAMやSIM画面上からWinTool工具ライブラリのデータを容易に選択・転送できます!

CNCファイルの整理整頓

CAD/CAMファイル・NCプログラム・加工手順書・画像等、すべてのデータ・ファイルをワンストップ管理。自社独自のノウハウを蓄積、ナレッジベース化できます!

工具在庫のスリム化

WinToolを活用した見える化で遊休在庫を把握できます。いつマシンで使用する工具が必要か見通しをたて、在庫量を統制できます!

最適工具取り付け支援

加工現場にある工具の所在管理・状態管理・寿命管理。次の加工でどの工具を使用できるか、マシンへの工具取り付け計画を支援します!

 

WinTool ブログ

 

資料リクエスト

下記フォームに入力し、送信ください。

WinToolの説明資料を送付いたします。

TK Holdings Inc.

Digitalization for Machining

© 2017-2020 TK Holdings Inc.