CAD/CAM・シミュレーション

CAM

CAD/CAMソフトウェアは、工具経路を作り、NC工作機械がそれに沿って動作するようNCプログラムを生成します。そして、NC加工シミュレーション機能/システムにより、干渉チェックや加工中の形状確認を行い、NCプログラムの検証を行います。

 

近年では、デジタルツイン(物理的なモノをサイバー空間上で仮想的に複製する概念)の考えから、実際に加工現場で使用する工具実物のデータをCAD/CAM・NCシミュレーションで使用する必要性が高まっています。

 

また、NCプログラム作成者が加工現場にある工具現物の所在情報等をシステム上で確認することにより、わざわざ加工現場まで行って確認する手間を省けるようになります。

WinTool-CAM/SIM連携

CAM連携

機械加工業務プロセス全体に渡る工具データ・工具情報を管理するWinToolは、CAD/CAM・NCシミュレーションシステムと連携します。
 

WinTool統合工具ライブラリで保持するアセンブリ工具データの形状値・DXF・DXF輪郭・3Dモデル・切削条件等をCAD/CAMに展開。また、CAD/CAMでNCプログラムを作成後、使用したアセンブリ工具データの一覧をWinToolに反映させることで、加工現場が実際の業務で使える工具リスト等の工具情報を現場人員に展開することが可能になります。

WinToolと標準インタフェースがあるCAD/CAM・NCシミュレーションシステムの一部は、下記リンクを参照ください。