工具収納システム

工具収納システム

工具収納システムには、工具ディスペンサーシステム・ベンディングシステムや自動収納棚システム等数種類あり、工具の保管を棚レベルでシステム管理できます。

 

ハードウェアキャビネットとソフトウェアが一体となっており、指定した工具を保管している引き出しのみを開けたり、指定した工具を収納庫の取り出し口で受け取ることができるようになります。

ハードウェアキャビネットのみで工具の保管を整理整頓することも可能ですが、ソフトウェアを使用することにより、手動作業によるエラーを削減し、セキュリティを高め、生産性の向上に役立ちます。

自社の工具の運用フローに合わせて、工具室や製造ラインでの活用を検討してみてはいかがでしょうか?

WinTool-工具収納システム連携

WinTool工具収納システム連携

機械加工業務プロセス全体に渡る工具データ・工具情報を管理するWinToolは、工具収納システムと連携します。
 

工具アイテム品番や名称等をWinToolに登録し、工具収納システムに転送。収納場所の詳細情報は工具収納システム側で管理。工具収納システム側で工具の払出/返却プロセスを管理し、工具在庫取引をタイムリーにWinTool側に反映。WinToolで自社が保有する工具の在庫数・有効在庫数を表示することで、機械加工業務に携わる人員全員が状況を把握することが可能になります。また、在庫管理機能を装備しない自動収納棚に対して、WinToolから在庫取引指示を送信する運用も可能です。

WinToolと連携実績がある工具収納システムの一部は、下記リンクを参照ください。