機械加工製造管理システム

製造管理ソフトウェア

機械加工製造管理システム(MMS)は、機械加工に特化して、製造計画の実施・製造資源の手配・スケジューリング・状態監視を網羅するソフトウェアで、自動加工システムの司令塔の役割を担います。

MMSは、原材料・ワーク・パレット・工具・治具といった製造資源を管理し、加工指示に対する最適な配分・事前準備に有用です。

 

また、リアルタイムにNC工作機械のステータスをモニタリングし、継続的な加工の最適化を支援します。

 

MMSは、工具データを連携するオプション機能を通常備えており、工具の仕様データと、所在情報や工具寿命情報といった状態情報をシステム内に保持します。​

WinTool-製造管理システム連携

WinTool-MMS-Interface.jpg

機械加工業務プロセス全体に渡る工具データ・工具情報を管理するWinToolは、機械加工製造管理システム(MMS)と連携します。
 

WinToolでアセンブリ工具の仕様データと現物データを作成し、MMSへ転送します。工具の所在や工具寿命といった現物情報がMMSで更新され、更新された情報をWinToolに反映することで、インテグレーションを実現します。

MMSで行う加工スケジューリングに伴い、工具の取り付け計画をMMSで策定することもできますが、WinTool側で工具取り付け計画を行う運用も可能です。

工具状態情報をWinToolに反映させることで、機械加工準備業務の質を高めることができます。